葬儀のプランとは

葬儀の費用の中身とは

葬儀に掛かる費用のトータルは

家族や身内が亡くなったら、はたして葬儀にどれくらいかかるのか、気になるのではないのでしょうか。最近では格安を打ち出す葬祭業者も増えてきましたが、余りにもけちけちするのも考え物です。近年は自宅ではなく、葬祭業者の会場を使用するケースが増えてきました。お通夜から葬儀、告別式、法事まで使えますので非常に便利です。人数は少ないほど費用も少なくて済みますが、故人の生前の人付き合いや業種によってはどうしても増えてくるでしょう。家族だけの家族葬や無宗教のお葬式にすると、費用は少なくて済みます。しかしやはり一番大切なのは故人の意志と、生前の人付き合いの範囲の広さです。

通夜、告別式、法事の費用

葬儀は一般的に通夜を行い翌日に告別式を行う形式となっています。遺族は弔問客の対応に追われたり、身内の不幸で悲しみに包まれえていたりするために、その費用については気にかけることができず、後日請求された金額に驚きトラブルに発展するというケースも珍しくありません。また法事についても同様で、その相場というものが見えにくくなっています。そのために、最近は全ての金額を透明化して、かかる費用についてわかりやすくしたパック料金を設定した形の葬儀が人気となっています。残された家族に迷惑をかけたくないからと、生前からプランを決めておく人もいます。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の費用の中身とは. All rights reserved.